読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胡麻塩のブログ

のらりくらり生きてきた人間が少しずつ頑張ります。

【ボドゲ】テラミスティカについてのつぶやき

最近テラミスティカのことばかり考えている。なぜだろうか。複雑なルールながら、 戦略を練りながら点数を重ねる 感覚が病み付きになるのである。重ゲーなので時間がかかり、 初心者にはハードルが高いうえ、 ベストは4人プレイなので人を集める必要がある。…

久しぶりに地元の図書室に行ってきた話

実家から向かう図書室の選択肢は2つある。 K図書館とS図書館である。 蔵書量にはあまり差がないので、 微妙に場所が近くて、少し居心地が 良いと思うS図書館を大体利用している。弟のロードバイクを借りて走らせ、颯爽と風を切る。 目に飛び込んでくる風景…

つぶやき3

数多くの気づきと 心地よい読後感を 味わうことができました。以前、書店でふと目に留まって 気になっていたのですが、 本当に買って良かったです。チャンスは無限にある作者: アール・ナインチンゲール,田中孝顕出版社/メーカー: きこ書房発売日: 2016/11/0…

【本の紹介】国境のない生き方

漫画「テルマエ・ロマエ」などで知られる、 ヤマザキマリさんの著書、「国境のない生き方」 について紹介したいと思います。イタリア、シリア、ポルトガル、アメリカなど 様々な国に住んできた著者が語る人生観が、 読者の世界を広げてくれます。幼少期の生…

【本の紹介】働く君に伝えたい お金の教養

ライフネット生命保険株式会社の 代表である出口治明さんの著書、 【働く君に伝えたい お金の教養】を 紹介したいと思います。この本は、「知る」「使う」 「貯める」「殖やす」「稼ぐ」 という5つの編で構成されており、 それぞれの悩みを快刀乱麻してくれ…

【本の紹介】止まりだしたら走らない

ダ・ヴィンチ・恐山としても活躍している 品田 遊さんによる小説、 「止まりだしたら走らない」を 紹介したいと思います。十数人の登場人物がそれぞれの視点で日常を 切り取って語っていくという流れで、 痒いところに手が届く細かい描写が心地良いです。見…

自分の軸を作らないという軸

就活の常套句として「選社軸」というものがあり、 人は皆、自分の軸を持たなければならないという 雰囲気が漂っています。確かに軸や指針、信条などと よばれるものが自分の中にあれば、 行動選択の迷いが少なく、楽だと思います。自分という人間の特徴を 説…

日本の社会問題について

年末年始、地元に帰省した際、 友人と二人で遊んでいたら、 日本の社会問題を交互に 挙げていこうという流れになりました。非正規労働者の増加、介護士・医師・保育所不足 農業の衰退と後継者不足、政治家不信、 ブラック企業の台頭、教育費用の不足 社会保…

飲み会での立ち回りについて

飲み会では、お酒によってアルコールがまわり、 発言のハードルが下がって口数が多くなると思います。 そのような場合、掘り下げたい話題があがっても 即座に他の話題に流れてしまうことはないでしょうか。 特に4人以上の飲み会ではこの傾向が強いと思います…

図書館について

私は図書館が好きです。今は大学4年ですが、思えば小学校低学年の頃から、 学校の図書室に足繁く通い、絵本や童話、漫画、学習図書などを読み漁っていました。中でも「はだしのゲン」との出会いは衝撃的で、 広島原爆、戦争、力強い生き方などについて学ぶこ…

アグリコラ ソロプレイ記

アグリコラ リバイスドエディションをソロで遊んでみました。 購入したのは2016年の夏頃なのでそれなりに経験はあります。最初の手札と、アクションカードの配置順は自由に選択しました。手札の内容は以下の通りです。 職業カードは、家庭教師を真っ先に出し…

他者にかける優しい言葉について

照れ臭さや、乱用による陳腐化の危惧などから、 自分の本心であっても人に優しい言葉を かけるのをためらうことがありますが、 遠慮することなく言うべきだと最近は思います。言葉選びはある程度慎重にするべきですが、 親切な気持ちは伝えておいてお互いに…

遊ぶときの人数と立場について

自分は中途半端に人が多いと他の人に喋るのを任せて黙ることが多いので、 積極的に楽しみたいときは2,3人で遊ぶのが好きです。あと、自分で場を主催すると幹事的な苦労はあれど、 心持ちが楽だし自分のやりたいことがしやすくなるのでより満足感が得やすいと…

ボードゲーム「MAGOS」

ゲーム工房スパ帝国から発売されている「MAGOS」を購入して遊んでみました。 この外箱のイラストに惹かれて購入に至りました。 「ズヂヂヂ」とかいう音が聞こえてきそうです。 カードを含めて全体的にデザインが秀逸です。 ただ、箱のサイズがぴったり過ぎて…

つぶやき2

本を読むと、自分でも驚くほど感情が揺さぶられる。その度にドラクエ3の性格が変わる本を思い出す。 伊藤計劃の「虐殺器官」を読んでいる。

つぶやき

丸型メガネ(サングラス)ってカッコよくない?