読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胡麻塩のブログ

のらりくらり生きてきた人間が少しずつ頑張ります。

飲み会での立ち回りについて

飲み会では、お酒によってアルコールがまわり、

発言のハードルが下がって口数が多くなると思います。

 

そのような場合、掘り下げたい話題があがっても

即座に他の話題に流れてしまうことはないでしょうか。

特に4人以上の飲み会ではこの傾向が強いと思います。

 

他には、話したい話題が頭に浮かんでも、

場の雰囲気によって言い出しづらかったり、

一部のお喋り屋によって場が支配されてしまうこともあります。

 

このような理由から、私は2人、多くても3人で居酒屋に行くことを好みます。

少人数だと満遍なく話題を提供しやすいうえ、話の深掘りもしやすいです。

 

しかし、大人数での飲み会に参加せざるを得ないこともあるかと思いますので、

個人的に気を付けていることを紹介したいと思います。(割と普通です)

 

①席選びの段階から慎重に。

大人数での飲み会の場合、メンバーのなかでも特に話したい人と、そうでもない人がいると思いますが、私はなるべく今まであまり話したことのない人や、深掘りしてみて面白そうな人の近くに座るように心がけています。その興味や関心を、誠意をもって相手に示せば、多くの人は期待に応えてくれると思います。

 

②話したい話題がある場合はなるべく早く投下する。

飲み会が後半になってくると、皆の酔いがまわり、話題転換が早くなりがちです。意識のはっきりしている前半に深掘りしたい話題を扱うのは常套手段だと思います。

 

③席の移動をためらわない。

これは結構重要だと思います。個人的に苦手な話題で盛り上がっている席では、自分自身楽しくありませんし、その話題を盛り上げることも困難になるので、お互いにとって好ましくありません。時間の無駄です。お手洗いなどと並行して他の席に移りましょう。

 

④帰りたくなったら帰る

ズルズルと過ごしても時間の無駄になってしまうので、帰りたいと思ったら素直に帰りましょう。お互いに遠慮する必要がない関係である人と過ごしたいものです。


本末転倒ですが、飲み会の一番の楽しみは会話だと思うので、

安く済む宅飲みが良いのではないかと思います。

ボードゲームとかもできますし。