読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胡麻塩のブログ

のらりくらり生きてきた人間が少しずつ頑張ります。

【映画感想】キングコング:髑髏島の巨神

キングコングの新作映画を観てきました。

ネタバレ有りなので注意してください。

【あらすじ】

学者、軍人、ジャーナリストなどが
地図に存在しない島、通称 髑髏島を目指す。
島の周囲には嵐が発生しており、
侵入は簡単ではなかった。

ヘリを使ってなんとか島に突入し、
地質調査と称して爆弾を投下する。

島を破壊されて怒ったキングコングは、
ヘリを残らず叩き落とす。

生き残った者たちは、
島の北端にある回収地点を
目指すヒロインたちと、
キングコングに復讐しようと
企む軍人たちに分かれ、
島を進んでいく。

途中で、巨大なクモやバイソン、タコなどの
多様なモンスターの恐ろしさを知ることになる。

そしてヒロインたちは
数十年前に島に墜落していた生存者と、
ボディペイントをした現地住民に遭遇する。

そこで、キングコングは島の守り神であり、
最も恐るべき存在は
巨大トカゲのような生物であることを知らされる。

軍人たちがキングコングを殺してしまえば、
巨大トカゲの天敵が消滅し、島どころか
地球全体が脅かされることになるかもしれない。

ヒロインたちは、キングコングを殺させまいと
立ちふさがり、軍人たちの行為を阻止する。

そこに特に巨大なトカゲが現れ、
キングコングとの対決が始まる。

ヒロインたちの援護も役立ち、
死闘の末、キングコングが勝利をおさめる。

船で北端に向かい、ヘリの迎えが来て、
一行は無事帰還する。

エンドロール後、
次回作を匂わせる発言をし、終了。



いや~、面白かったです。
お喋りな黒人男性とか、
異常に活躍するヒロインとか、
モンスター映画のお約束はしっかりおさえて、
巨大モンスターVS巨大モンスターの
ド迫力アクションが映画館の大画面と音響で
堪能できたので、大満足でした。

エンドロール後の、「キングコングだけじゃない」
みたいな発言とともに、ゴジラモスラ
キングギドラっぽいシルエットがでてきたのは
笑いましたけども。

兎に角、モンスター映画、アクション映画として
優秀な作品なので是非映画館で楽しんでみてください。